MENU

INFORMATIONお知らせ

2019年1月21日

妊婦加算

平成30年4月1に外来における妊婦加算が新設されました。内容は、妊婦の外来診療について、妊婦の妊娠の継続や胎児に配慮した適切な診療を評価する観点から、下記の通り、妊婦に対して診療を行った場合に算定します。

初診料         75点(750円)

再診料・外来診療料   38点(380円)

妊婦であるかの確認は、医師が診察時に妊婦であると判断した場合に算定が可能で、検査や母子手帳での確認は必要ありません。

しかし、この妊婦加算は31年1月に凍結されることとなりました。原因は新設された当時、ニュースにも取り上げられることが少なく、広報が不十分であったのか、趣旨が妊婦に正確に伝わらず、いつの間にか加算が付けられ金銭負担が増えたという不満が注目され、さらに妊婦には関係のない診療(コンタクトレンズ等)にも加算されるという問題が浮上し凍結となりました。

私はこの妊婦加算は評価しています。妊婦に対する医療処置や薬の処方について、医師は通常より慎重に診察し、時間もかかります。そのため診察を断る医療機関もあると聞きます。凍結されましたが、産婦人科以外の医療機関でも安心して診察を受けられるような妊婦加算の改定を願います。

 

医業経営コンサルティング事業部 横木 貞則

一覧へ戻る

CONTACTお問い合わせ