MENU

INFORMATIONお知らせ

2014年12月15日

時代を映す相続トラブル ④変動とリプランニング


変動とリプランニング



今回、相続にまつわる法律の改正が続いています。
大きなものは2つ。

一つは、相続税に関する改正。
もう一つは民法改正で非摘出子に関するもの
改正された法律に関するご意見は多種多様かと思われます。
ただ、FPとしては、決まったものは決まったものとして、それに対して手を打つしかありません。そして、言えることは、これからも、どうなるかわからないのですから、見直しの必要性は高いということです。
法律の改正だけではありません。世の中すべて不変というものはありません。
失礼ですが、ひょっこり知らない身内が現れるかもしれません。今の時代、離婚も再婚も親族関係が変化する可能性はたくさんあります。もちろん事故や病気で親族がかけてしまうことも・・。
財産も今のままずっと同じという事は絶対ありえません。移動はないまでも、価値が変わります。何年かに一度は、計画の見直しをする必要があります




相続などのご相談は
税理士法人 望月会計まで

一覧へ戻る

CONTACTお問い合わせ