MENU

INFORMATIONお知らせ

2014年12月3日

医食健・栄養クリニック院長の西川先生のセミナーに参加して

先日、医食健・栄養クリニック院長の西川先生のセミナーに参加させていただきました・
お話は、大変面白く、ためになる内容だけでなく、終始笑いとおす・・そんなセミナーでした。

2日にわたりその一部をご紹介いたします。

西川先生の「健康になる食べ方の秘訣10ケ条」
  

1. 美味しく食べる。
  おいしいものを食べる、という意味ではなく、おいしく食べられる環境を作る。

2. 嗜好で食べるものと健康になる食べ方とは違う。
  食事は健全な心身のカラダを営むための原資です。
 
3. 食材の個性(特性や特徴)をよく知り、活用すること
  例えば、ナスや苦瓜はおなかを冷やします。ピーマンや南瓜は体を温めます。
  アズキは体内の水液代謝を促進します。ヤマイモは元気をつけます。

4. 季節に合わせた料理を作る。
  季節によって、体内の活動は異なります。それに対応しているのが旬の食材です。
  その季節の食材を積極的に食べましょう。

5. 体質や体調に合わせた料理を食べましょう。
  おばあちゃんの知恵は長い経験の積み重ねから生まれたものです。
  決して軽んじてはいけません。

6. テレビや雑誌で紹介させる料理は、興味や珍しさから生まれたものです
  “カラダに良い証明”はありません。
   食べ物が体に良いかどうかは食べ続けてきた歴史でしか証明されません
 
7. 健康食品やサプリメントは日常食ではありません。
   知らず知らずの間にあなたのカラダをむしばんでいます。
 
8. テレビや雑誌の健康法は、あなたに良いのかどうかをよく分別してください。
   誰にでも・いつでも・良いというものはありません。
   「分かる」と「分ける」は同じ意味。分別できることを分かるといいます。

9. 宣伝品は販売するための手段で、あなたを健康に導くものではありません。
   健康被害が多発しています。

10.「健康おたく」になってはいけません。
   健康おたくは最悪の不健康の近道

税理士法人 望月会計

一覧へ戻る

CONTACTお問い合わせ