MENU

INFORMATIONお知らせ

2014年10月31日

経営者のための3本の矢 ~『中小企業退職金共済制度』

今日は、3共済の最後に『中小企業退職金共済制度』について説明させていただきます。

●制度について
 中小企業従業員の退職金制度を、国の援助等により確立し、従業員の福祉の増進と雇用の安定、そして中小企業の振興・発展を目的に設けられた制度です。
・中小企業退職金共済制度は、小規模企業共済とは違い従業員の退職金のための制度です。
・毎月、掛金を積み立て、積立額と年数に応じた退職金が支給されます。また、毎月の掛金の額は従業員ごとに設定することができます。
・掛金は全額必要経費または損金とすることができ、また、掛金の一部を国や市町村から助成を受けることができます。
・事業主と生計を一にする同居の親族のみを雇用する事業所の従業員も加入できますが、この場合は、掛金助成の対象からは外れます。

             

この制度で積立てた退職金は、直接従業員の口座に振り込まれることになっており、従業員にとっては、その権利を確保されているものです。経営者の方は、この制度を活用することで、従業員に誠意を示し信頼を得られます。従業員の皆様は、その誠意に応えて会社発展に寄与し、お互いとっていい制度であってほしいと思います。

なお、税理士法人 望月会計の関与先の皆様
監査担当者もしくは、市川・大久保までご連絡ください。(0263-32-4737)

一覧へ戻る

CONTACTお問い合わせ