MENU

INFORMATIONお知らせ

2014年10月7日

ちょっと知りたい”税金”のはなし ~相続税②~

相続税の基礎控除額が平成27年1月に改正されます~  

相続税は 亡くなった方が持っていた財産(相続財産)から、基礎控除額 を引いた額をもとに、計算をします。つまり基礎控除額より相続財産が少なければ、相続税の課税はないということになります。
この 基礎控除額が、平成27年1月 から大幅に縮小されます。
大幅に縮小されるということは、これまで課税対象とならなかった方が、>課税対象者になる場合がある ということです。

例 4人家族(夫婦+子供2人場合) 相続財産 6,000万円
  (亡くなった方→ご主人 ・ 法定相続人→奥さんと子供2人 の計3人)

現行の基礎控除額
  5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人の人数 
  5,000万円 + 1,000万円 × 3人 = 8,000万円(基礎控除額 

平成27年1月1日以降の基礎控除額
  3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の人数 
  3,000万円 + 600万円 × 3人 = 4,800万円(基礎控除額)

相続財産6,000万の場合
現行 基礎控除額8,000万円より少ないので  →  相続税の課税なし
平成27年1月以降 基礎控除額4,800万円より多いので、 →  相続税の課税あり

法定相続人    現行の基礎控除額      改正後基礎控除額   
 2人          7,000万円            4,200万円
 3人          8,000万円             4,800万円
 4人          8,000万円             5,400万円

相続相談室

お問い合わせは        望月総合経営 相続手続そうだん室まで

一覧へ戻る

CONTACTお問い合わせ