MENU

INFORMATIONお知らせ

2014年10月6日

ちょっと知りたい“税金”のはなし ~相続税①~

ちょっと知りたい“税金”のはなし ~相続税①~

相続税(そうぞくぜい)とは、ある人が亡くなった時、その人の持っていた財産(お金または売ればお金になる価値のあるもの全部)を、親族がもらい受けることになりますが、そのもらった人がもらった分に対して支払わなければならない税金のことです。
相続税は、その人が亡くなったことを知った日から、10か月以内に、納めることになっています。

税理士法人 望月会計

一覧へ戻る

CONTACTお問い合わせ